介護事業所,介護施設,設備,福祉,助成金,助成,東京都

助成金について

助成金とは

助成金とは


助成金とは、厚生労働省および関連団体が掲げた受給要件を満たしている場合に支給される給付金で、返済不要です。

厚生労働省管轄の助成金は人材活用や事業改善などによるものですが、その数は50種類以上にも及びます。
しかし、これらは受給要件を満たしていても自動的にもらえるわけではありません。

申請しないともらえませんので制度を知らないばかりに”受給漏れ”となっているケースは非常に多いのです。
また、受給要件の変更や助成金事態の廃止、新設も毎年必ず出てきています。
国は、昨今の労働情勢を改善すべく、今後も多くの助成金の見直しをしていくと思われます。
企業経営の武器として活用していただければと思いますが、助成金に振り回されすぎると、事業所の実態に合わない制度を導入し、かえって自分の首を絞めてしまう可能性もあります。
また、内容も刻々と変化していますので、経験豊富な社会保険労務士などに助言・指導をしてもらうことをお勧めします。

厚生労働省管轄の助成金は

厚生労働省管轄の助成金は
・雇用保険適用事業所の事業主であること(未適用の場合の手続きはご相談下さい)
・支給のための審査に協力すること
・申請期間内に申請を行うこと

 が必須条件となっております。

※この他、助成金ごとに様々な要件が必要となります。

助成金の受給額が高いのは大企業よりも中小企業

助成金は、必要な手続きや受給要件を満たしていれば、企業の規模にかかわらず、中小企業、個人事業主であっても助成金を受給することが出来ます。
更に、助成金は大企業より中小企業が優遇されており、受給額も、大手企業より多く、最低でも同等の受給ができる様になっています。

中小企業の範囲

●中小企業の範囲
小売業(飲食店を含む) 常時雇用労働者50人以下
又は、 資本、出資の額が5千万円以下
サービス業 常時雇用労働者100人以下
又は、資本、出資の額が5千万円以下
卸売業 常時雇用労働者100人以下
又は、資本、出資の額が1億円以下
その他の業種 常時雇用労働者300人以下
又は、資本、出資の額が3億円以下

助成金受給に対する私たちの考え

助成金受給に対する私たちの考え


助成金は返済不要でとってもお得なものなので企業経営の武器として是非ご活用いただければと思います。
しかし、助成金受給のために無理矢理規則を変更する、あるいはせっかく良い規則を作成したのに受給した後は運用しないなどの現象が起きないようにしたいものです。
事業所の実態に合わない制度を導入してしまうとかえって自分の首を絞めてしまう可能性も出てきます。
受給後に不正が発覚すると全額返還しなければなりません。また、企業名を公開されてしまい周りから信用を無くすなど大きなダメージを受けてしまいます。
助成金は正しく受給して気分良くご活用していただければと思います。

▲Page top▲

助成金のお問い合わせは