介護事業所,介護施設,設備,福祉,助成金,助成,東京都

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは

キャリアアップ助成金は、パート社員や契約社員など、非正規雇用社員のキャリアアップに取り組む事業主を支援する助成金です。本助成金は、厚生労働省が非正規雇用問題に対する取り組みの一環として、契約社員などの企業内でのキャリアアップを支援する事業主に対し、包括的な助成支援を行うものです。以下の3種類があります。

キャリアアップ助成金の種類と受給額

※( )額は大企業の額(短時間正社員制度は大規模事業主)

コース名 実施内容 助成額
正社員化コース 有期契約労働者を

◎正規雇用
◎多様な正社員等に転換
または
◎直接雇用

した場合に助成されます。
◎有期⇒正規
1人あたり60万円(45万円)
◎有期⇒無期
1人あたり30万円(22.5万円)
◎無期⇒正規
1人あたり30万円(22.5万円)
◎有期⇒多様な正社員
1人あたり40万円(30万円)
◎無期⇒多様な正社員
1人あたり10万円(7.5万円)
◎多様な正社員⇒正規
1人あたり20万円(15万円)
*場合によっては5万円〜30万円の加算あり
人材育成コース 有期契約労働者等に対して

@一般職業訓練(Off-JT)

A有期実習型訓練
(ジョブカードを活用したOff‐JT+OJT)

B中長期的キャリア形成訓練
(専門的・実践的な教育訓練)(Off‐JT)

を行った場合に支給されます。
Off-JT1人あたり 賃金助成
1時間あたり800円(500円)
経費助成
@一般職業訓練、A有期実習型訓練
最大30万円(20万円)
B中期的キャリア形成訓練
最大50万円(30万円)
OJT1人あたり 実施助成
1時間あたり800円(700円)
処遇改善コース 有期契約労働者などに以下のいずれかの取り組みを行った場合に支給されます。

@すべて又は一部の基本給の賃金規定等を改定し2%以上増額させた場合

A正規雇用労働者との共通の処遇制度を導入・適用した場合

B週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長し社会保険を適用した場合
@賃金規程等改定
・すべての賃金規定等改定
対象労働者の人数により3万円(2万円)〜10万円(7.5万円)
・雇用形態別、職種別等の賃金規定等改定
対象労働者の人数により
1.5万円(1万円)〜15万円(10万円)
*場合によって20万円(15万円)の加算あり

A共通処遇推進制度
・法定外の健康診断を新たに規定し4人以上実施
1事業所あたり40万円(30万円)
・共通の賃金規程等の導入・適用
1事業所あたり60万円(45万円)

B短時間労働者の週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長
1人あたり20万円(15万円)

OJTとOFF-JTについて

OJTとは

OJTとは

OJTとは「On the job Training」の略称で職場内訓練と訳されています。職場において日常の業務につきながら行なわれる教育訓練のことで職場の上司や先輩が仕事をやりながら部下や後輩に対し指導・育成を行うものです。
実務経験を積むことにより業務上必要な知識や技術を身に着けるトレーニングのことを指します。

Off-JTとは

Off-JTとは

Off-JTとは「Off the job Training」の略称で職場外研修と訳されています。
職場を離れ通常の業務外で行われる教育訓練のことで主に集合研修などがこれにあたります。
日常の業務に役立つものを外部の講師などから受けるもので、実務的なものというより一般化された知識や技術を身に着けるトレーニングとなります。

受給までの流れ

●キャリアアップ計画を作成して、労働局・ハローワークに提出。
承認を受ける。
●人材育成の訓練計画を作成。有期実習訓練はジョブカードが必要。
※ジョブカードセンターで訓練計画の作成支援が受けられます。

●訓練計画を労働局・ハローワークに提出して確認を受ける。
●訓練を実施。労働局・ハローワークが実施状況の確認を行う。
※ジョブカードセンターで訓練実施に関する相談・援助が受けられます。

●支給申請。労働局・ハローワークが支給審査・支給決定。
※人材育成以外(処遇改善や健康診断など)はキャリアアップ計画の提出後に実施して、その後、支給申請を行います。

本助成金の活用には、「キャリアアップ管理者の配置」「キャリアアップ計画の作成・認定」が必要です。
また、活用する助成内容により支給要件が異なります。

▲Page top▲

助成金のお問い合わせは